施工事例

※CFとはクッションフロアの略称で、よくキッチンや洗面などの水回りの床に貼ってある
 塩ビ(塩化ビニル)系の発砲床材です。ほとんどの住宅で使用されています。
※ご使用のパソコン環境、及び撮影環境により写真の色が実物と異なる場合がございます。
 あらかじめご了承のほどお願いします。

床・CFの張替えの紹介

CF(クッションフロアー)張替え

CF(クッションフロア)は水に強く、また、フローリングに比べると単価が安いので経済的にも安心ですね。しかし、熱や傷に弱いため、煙草でこげついちゃった…とか傷がついた…とか気になる部分が出てきてはないですか?
また和室から洋室へなどの床材変更も含めて対応していますので、気になるところがありましたら是非ご相談ください。

施工料金
トイレ 5,000円~
洗面 6,000円~
(※サンゲツHM住宅用)

カーペット張替え

カーペットに煙草の灰を落としたことはありますか?また食べ物をこぼして、シミになったり…毎日の生活の中で、どうしたって汚してしまいますね。
ましてや、床とは違いカーペットは汚れがついてしまうと、一生懸命拭き取ろうとしても染み込んでしまうとなかなかとれません。そんな時は張替えてしまうのも一つの手です!!

施工料金
4.5帖 24,000円~
6帖 30,000円~

畳表替え

私たち日本人にはなじみの畳の部屋、とてもホッとする場所のひとつです。でもそんな畳が傷んでいたり、カビてしまったり、日焼けしたり…ホッとするはずの場所が、ストレスになってしまうのはとても嫌なことですね。
リフレッシュしてみませんか?
昼寝の時間がよりホッとするかもしれません…。

 

施工料金
表替え 1枚:3,800円~(※2等級)   
新床 1枚:8,000円~

フロアタイル

マンションの床タイルを張り替えました。
他の部分も同時に施工を行なっており、周りとの色合いを重視したものを使用しています。

 

 

 

間取り変更 1DK→LDK

割と良くある間取り変更工事ですが、作業前のダイニングの暗さが目立ちます。
確かにクロスが汚れているとか床の色が濃いと暗くなるのですが、単純に日の光が入ってないですよね。

そこで間仕切りをなくして、開口部を広げてみました。
照明がなくても作業前より、クロスと床の白さも手伝って空間が明るくなりました!
昨今の節電対策ではないですが、自然の明るさって大切ですよね!

キッチンの赤が栄えるようにあえて、アクセントクロスは使わずに白系のクロスにしてみました。

淡い色の壁と床で明るくなりますが、そのままでは間延びした空間になってしまうので、
床の巾木の色を濃いめにアクセントとして空間に締まりを出してみました。

巾木の色は下記の和室の建具枠に合わせてあり、トータルコーディネイトしてあります。


トイレ・アクセントクロス&CF

トイレの背面にアクセントクロスを使用し、床材にも大理石調のCFを使用しててトイレの質感をアップしてみました。

事務所のトイレでも同じ施工をしていますが、クロスとCFを張り替えただけでも
高級ホテルのトイレのようになりますよ。オススメです!

  

キッチンCF(クッションフロア)

同じキッチンでもCFを張り替えるだけで、これだけ雰囲気が変わります。キッチンや壁との相性も重要ですね。

※CFとはクッションフロアの略称で、よくキッチンや洗面などの水回りの床に貼ってある
塩ビ(塩化ビニル)系の発砲床材です。ほとんどの住宅で使用されています。

  

キッチンCF(クッションフロア)

CFのデザイン一つで、汚れの目立ち具合も全然変わってきますので、
普段の生活環境に当て嵌めて選んでみるのもいいですね。

※CFとはクッションフロアの略称で、よくキッチンや洗面などの水回りの床に貼ってある
塩ビ(塩化ビニル)系の発砲床材です。ほとんどの住宅で使用されています。

  

トイレクリーニング&CF貼替

いくらキレイにクリーニングしてもCFがボロボロでは良い印象は持てません。
トイレや洗面などの水回りのCFは汚れやすく劣化しやすい物なので、
汚れたCFなどは張り替えてしまうのがオススメです。

クリーニングと新しいCFに張り替えただけでも明るく清潔感が出てきますよ。

 

玄関収納・土間

土間の床にフロアタイル、収納表面にシートを貼りました。
ご依頼/
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE