ALPHANの円満住宅

ALPHANの考える円満住宅

なぜALPHANが住まいの修繕やリフレッシュをおすすめするのか?

日々生活をする住居の一部が破損をしていたり、汚れていたり、乱れていると悪いものを引き寄せると言われています。

そして普段より、住宅修理や住宅修繕によって、環境を綺麗に整えていると
良いもの(様々な幸福)を引き寄せます。
ご自宅を円満住宅にするためにも
「住まいの修繕・リフレッシュ」はとても重要です!

メールでのお問い合わせはこちら

住環境ストレスについて

世の中には職場のストレスや対人ストレスなど多くの「ストレス」がありますが、影響が高いにも関わらず自覚がないことが多いのが「住環境のストレス」です。

ストレスというと大きな嫌なことがあったり、
腹の立つこと、悲しいことがあった時にストレスを認識するかと
思いますが、実は病になる悪影響なストレスは
自身が認識のない「潜在的ストレス」であったりします。

ハッキリと分かりやすいストレスではなく、
自覚のない軽い精神的負担やプレッシャーは長い期間を経て
たまっていく「慢性的ストレス」と言われています。
そして住環境ストレスの多くはこの慢性的ストレスに含まれます。

ご自宅に住環境ストレスはありませんか?住環境ストレスはご自身だけで解決は困難です。住宅修繕のプロへ依頼をしましょう!

自覚のあるストレスは、それについて意識をすることにより
対処できますが、上記のような住環境からのストレスは
自身で認識や対処することが非常に困難です。

そして住環境ストレスに気が付かないうちに慣れてしまうのも大きな問題です。

特に臭いについては、最初はくさいと分かっても
そこに暫くいるうちに慣れてしまいます。
しかしこういった自身で気が付かないストレスが脳へダメージを与えます。

環境からくるストレスは無意識に脳へ伝わり、心と体の両方へ影響を与えます。
靴が放置されていたり、物が散乱し、暗い家は無意識のうちにストレスとなり
快適に過ごすことができなくなります。

住環境ストレスは少しづつ影響を与え続け、健康に害を与えたり、経済的にも良くない事態へとつながることもあります。

脳・セロトニンについて

脳内の化学物質のセロトニンは人間の感情や行動をコントロールするといわれており、セロトニンが減少すると次第に感情がコントロールしにくくなります。

セロトニンの生成は心の状態によって影響されるといわれており、
リラックスし、くつろぐことができないとセロトニンは作られません。

またセロトニンが作られるには光も必要で、日光を浴びることによって
セロトニンの分泌を高める事ができると考えられます。
そのため、太陽の光がちゃんと家の中に入る住環境かどうかも重要です。

セロトニンは感情をコントロールするため、ビジネスにおいても関係すると言えます。
ビジネスで成功するためには自身の感情をうまくコントロールできるかどうかは必要不可欠なスキルです。

ビジネスで成功するために鍵となる「感情」。そして、その感情をうまくコントロールするにはセロトニンを十分に分泌できる「ストレスのない、快適な住環境」が必要なのです。

セロトニンが正常に分泌され、
日々の生活やお仕事などがうまくいくかどうかは
「住環境に大きく左右される」と言えるでしょう。
そのため、普段から住宅修繕・住宅リフォームによって
住まいの環境を整えることが重要です。

 

ご依頼/
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE