ALPHAN有限会社

エネルギー充電(2019/09/12)

人間にエネルギーを吹き込むものは、
「感謝」「笑顔」「賞賛」の3つといわれます。
 
「ありがとう」と感謝されると元気になる。
 
そして「笑顔」を向けられると元気になる。
 
さらに、
何でもいいから褒められると元気になる。
 
これら3つと反対の概念は、
「あらさがし」「不機嫌」「不平不満」。
 
これらは周囲の人々のエネルギーを奪う。
 
エネルギーダウンしている人がいたら、「頑張って」は逆効果。
「感謝」「笑顔」「賞賛」で、あなたはあなたのままでいい、
と言ってあげれば元気を取り戻せる。
 
自分を否定してしまっているようなとき、
賞賛でエネルギーが充電される。
 
「春風を以(もっ)て人に接し、秋霜(しゅうそう)を以て自ら粛(つつし)む」 
という、言葉。
 
人に対しては、春の風のように穏やかで和やかな心、
温かな気持ちで接し、
自分に対するときは秋の霜(しも)のように厳しい心で自分を律していかなければならない、という意味だそう。
 
人間にエネルギーを吹き込むものは、「感謝」「笑顔」「賞賛」
改めて心に留めておきます。

ひょんなきっかけ(2019/09/11)

大きな成果、成功の多くは、
偶然の出会いや、突然のひらめき、予期せぬ出来事がきっかけで始まるといいます。
 
それは、「セレンディピティ」であり「シンクロニシティ」ということ。
 
セレンディピティとは、
求めずして思わぬ発見をする能力のことであり、
運よく思いがけないものを発見する力のこと。
 
また、「シンクロニシティ」とは、
普通ならありえない確率の出来事が、
意味のある偶然の一致として現れること。
 
このセレンディピティやシンクロニシティを起こりやすくするには…
 
〇素直でいること。
 
〇多くの人と会うこと。
 
〇インスピレーションや直観を大事にする。
 
〇いつも機嫌よく、ポジティブでいること。
 
〇自分の知った情報やアイデアを惜しみなく周りに伝えること。
 
〇合いそうな人同士を紹介する。
 
〇常識にとらわれないこと。
 
だそうです。

行ってみたいものです(2019/08/23)

沖縄の人気観光地のひとつ竹富島。
 
地域自然資産法に基づき
竹富島を訪れる観光客らに全国初の入島料として9月から300円を徴収するそうです。 
 
年間約50万人の観光客が訪れるという。
島は豊かな景観が損なわれる危機になっていることから、
自然環境の保全活動のための費用や
開発業者などに渡った土地の買い戻し資金に充てるという。
 
地域自然資産法に基づき「入域(島)料」の設定は全国の自治体で初めて。
 
 
徴収方法は、
石垣市美崎町の石垣港離島ターミナルと竹富港ターミナル内に券売機を設置。
ただ、「任意」でということで入島後の券の確認作業などはないそうです。
 
導入から1週間に限ってはキャンペーンとして、
島の風景などの図柄をあしらったしおりや、手のひらサイズの島の民具をくれるそうです。
 
「竹富島」写真でしか知らない島。
 
行ってみたいものです。
 

ゲーム感覚(2019/08/19)

自分の人生の主人公は当たり前ですが「自分」。
 
自分という会社の経営者は自分だと言えるかもしれません。
 
終身雇用がなくなるかもしれないというこの時代、
これからは自分の技術、キャリアを自分で高めなければいけなくなるでしょう。
 
自分の価値を高め続けなければ生き残れない時代に。
 
人生はゲームのようなものだとも言われる。
 
たとえば、
ゴルフで、打ったボールすべてが自分が思った通りの距離と場所に飛び、
狙った通りにパットが入ったら、最初は楽しいだろうがやがてつまらなくなるでしょう。 
 
ボーリングでも、
常に狙ったとおりにボールが転がり、
全部のピンが毎回倒れたとしたら、すぐにゲームに飽きてしまうでしょう。 
 
全てのゲームは、
自分の思い通りにならないから面白いし、
悔しいからこそまた挑戦する気にもなる。 
 
これを「ゲームの楽しみ」という。
 
これを、仕事と全く同じだと思える人が、
これからも生き残れる人なのかもしれません。
 
「遊びと仕事が同じになる」
 
  遊ぶように働き、仕事をするように遊べる人でありたい。
 

潜在意識を味方に(2019/08/08)

成功哲学で有名な
ナポレオン・ヒル博士によると、
 
願望を紙に書き出し、
それを毎日見ることでその願望が実現する。
 
具体的には、願望を書いた紙を
ベッドや机やトイレなど
毎日必ず目にする場所に貼って、
それらに何回も目を通す。
 
この行為を通じて潜在意識に願望が刷り込まれていき、
潜在意識はその夢や願望を
達成しようとして24時間働き続けるため、
夢や願望が達成しやすくなる。
 
また、紙に書いた願望は見るだけよりも、
声に出して読んだ方がより早く実現するそうです。
 
さらに潜在意識には、時間の概念がない。
潜在意識に入った情報がいつのものなのか、
 
時間(過去・現在・未来)の区別がつかない。
 
潜在意識は「真実かどうか」とか
「未来」という概念がないので、
 
書いて、毎日見て、声に出すことで
そうなったことを前提で動いてくれるわけです。
 
願望を紙に書き出し、
ベッドや机やトイレなど
毎日必ず目にする場所に貼って、
それらに何回も目を通すこと試してみたらどうなるか?
 

不買運動が(2019/08/06)

日本製品の不買運動が広がっている韓国
 
その不買運動が、韓国企業にも飛び火しているようです。
 
韓国3位のコンビニエンスストア、「セブン-イレブン」
運営するコリアセブンは、
加盟店経営者に「コリアセブンは大韓民国の企業です」とだいする告知文を送ったという。
不買運動で約9700人の加盟店主が被害を受けかねない状況。
 
 インターネット上では
「米国にあるセブン-イレブン本社が日本企業の所有だ」という話が広がり、
セブン-イレブンが不買運動の対象になった。
 
これについて、
セブン-イレブン関係者は「本社は日本企業が大株主だが、法人税を米国に支払うなど米国企業であり、韓国のセブン-イレブンはロッテ持株が株式の80%を保有する韓国企業だ」と主張している。
 
何か、苦しい説明のように受け取れる。
そう感じるのは、わたしだけか?
 
 

親日?(2019/08/05)

中国東北部・大連で「京都風情街プロジェクト」
と呼ばれる大型の開発計画が進んでいるそうです。
 
東京ドーム13個分の面積を超える広大な敷地に
目指すのは「京都の街並み」の再現。
 
日本から設計士を招聘し、建材も極力日本産のものにこだわるという。
総投資額は60億元(約960億円)。
 
このプロジェクトのきっかけは「京都風別荘地」という。 
漆喰で塗られた壁。
その内側に、およそ10万平方メートルの敷地。
 
この別荘地は2017年に完成。
価格は敷地面積の大小にもよるが、1平方メートルあたり3万元(約50万円)。
一番大きな別荘は320平方メートルというから、1億5000万円を下らないといから驚き。
 
それでも200棟はあっという間に完売したという。
 
買ったのはいずれも中国国内の富裕層だという。
 
反日なのか?親日なのか?
 
何か妙な感じです。

自己肯定感(2019/08/02)

全国の小学生約1000人に
「放課後や夏休みにやってみたいことはなんですか?」
というアンケート調査。
 
上位5位は、次のようなランキング。
 
1.サッカー  2.ドッジボール  3.鬼ごっこ  4.なわとび  5.なし
 
何か違和感を感じませんか?
 
「なし」という答えが5位に入っているのです。
 
その回答欄には
「やりたいことがない」「わからない」「どうでもいい」
などと書いてあったそうです。
 
自分のやりたいことがわからない、考えたことがない。
 
今の子どもたちにそうした傾向があるのか?
それはなぜなのか?
 
子どもたちの「自己肯定感の低さ」があるのかもしれないそうです。
 
自己肯定感とはわかりやすく言えば、
「自分はここにいていい」という感覚。
 
つまり、自分を認め、自分は価値のある人間である、と思えるかどうか。
 
自己肯定感が高ければ
気持ちに余裕ができ、人にも思いやりの心で接することができ、寛容になれる。
 
そういう人の周りには人が集まり、人に好かれる。
 
自立するには、自己肯定感があることが必須。
自己肯定感を高め、自立した人になりたいものです。

冷え切ってます(2019/07/31)

元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化により、
日本と韓国との関係が本当に冷え切っていますね。
 
影響は、いろいろ出ているようです。
 
国境の島、対馬市で韓国人観光客が激減し、観光関連業者が打撃を受けているそうです。
特に団体客の減少。
 
長崎県対馬振興局は、
ホテルや民宿など島内宿泊施設25社に日韓関係悪化の影響を調査した結果を発表。
 
それによると、
宿泊者数は前年比5割減の施設が多く、
8月は8~9割減の見通しという施設もあった。
 
釜山から対馬への船便を運航する6社のうち、
2社が今月から運休。
3社が減便しているという。
 
宿泊やレンタカーなどさまざまな業種が影響を受けている。
 
事態がいつ収束するか見通せないですね。
今後さらに減少する可能性があるのかもしれないです。
 
アメリカが、いよいよ仲裁に入ってきましたが、どうなっていくのか
見守ります。

ホ・オポノポノ(2019/07/29)

「ホ・オポノポノ」とは何か、知っていますか?
 
ホ・オポノポノは、ネイティブハワイアンの問題解決の知恵、
現代ではその思想は世界的にも広く取り入れられているようです。
 
ホ・オポノポノの教えのベースは
「今、目の前で起きている現実は100%すべてが自分の記憶(潜在意識)が現実化したものである」というもの
 
「ホ・オポノポノ」の効果は、
すべて身に起こることは自分の内から出たものであり、
潜在意識をクリーニングすることで、問題を解決するというもの。
 
人の潜在意識内では、
生きている間に記憶の蓄積が起こり、
それがカルマとなります。
 
そしてこのカルマは、
わたしたちの自由を縛り、
さまざまな問題のキッカケになってしまうというのです。
 
そこで、
ホ・オポノポノを実践することによって潜在意識がクリーニングされ、
カルマを浄化することができるわけです。
 
自分の記憶をクリーニングするために4つの言葉を使いましょう、
というのが現実の問題を解決する方法とされています。
 
その4つの言葉とは
 
?ありがとう
?ごめんなさい
?許して下さい
?愛しています
 
この4つの言葉を繰り返し言うこと。
 
サイト内検索

空室対策専門サイトはこちら空室対策専門のページです。

LINE見積もりALPHANの中古住宅買取リソウアルファシリーズ
お問い合わせ
ALPHANへのお問い合わせはこちら

施工事例 キッチンリフレッシュ 浴室リフレッシュ 洗面台リフレッシュ トイレリフレッシュ 壁紙・クロス張替え 床・CFの張替え 修繕・メンテナンス クリーニング

アクセス

ALPHAN(アルファン)有限会社
住所:埼玉県加須市久下2-43-13
TEL:0480-65-7111
FAX:0480-65-7112

対応エリア地図

当社は埼玉県を中心に、
群馬県・栃木県・茨城県にて
施工を行っております。

より詳しいご対応エリアにつきましては、こちらをご覧下さい。

近隣の加須 久喜 鴻巣は
早期に対応することが可能です。

当社社長の動画を配信中です

当社のフェイスブックページ
ALPHANのFBページでは
リフォーム事例の動画等を
ご覧になれます。

リフォームローンの取扱開始
増改築や外壁塗装、水周り、内装、 住宅設備等のリフォーム費用を
分割払いにすることが可能です!
詳しくは当社まで
お問い合わせ下さい!

ALPHAN houzzサイト

 アットホーム加盟店

株式会社住宅あんしん保証

ホームページ作成 東京
ホームページ製作・運営・管理

ご依頼/
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE