ALPHAN有限会社

社員へ贈る〈本日の一話〉の最近のブログ記事

早く寝なさい(2020/02/20)

日本の国立大学1,2位と言えば
東京大学と京都大学。
 
その出身の先生たちはどのような家庭環境で
育ったのか?
 
共通しているのは、
子供の頃に「勉強しなさい」
と一言も言われなかったことだそうです。
 
むしろ、夜遅くまで本を読んでいて
「早く寝なさい」と注意されて育った人が圧倒的に多いそうです。
 
子供の生活習慣に気を配り、
子供の健康を第一に考える家庭で育ったということです。
 
健康的な生活と基礎基本の学習、
そして集中力を身につければ、
夜中まで勉強しなくてもそんな大学に
入れるのですね。
 
学力とは、机に長時間向かってさえいれば
つくというものではありません。
体験も大事です。
 
何かを見て感動したり、
不思議だと思ったりする気持ち、
その思いを掘り下げていく探究心、
 
壁にぶつかったときに乗り越えていける力、
そうしたもの全てが学力に含まれるのです。
 
学力は、いわば人間の総力戦なのですね。
 

褒め褒め(2020/02/19)

「ホメホメワーク」というものをご紹介します。
 
自分の1日を振り返って、
その日の終わりに自分を褒めてあげるというものです。
 
1日の終わりに、寝る前の時、
ノートに1日3つずつ、
自分がやった良いことを書いていく。
 
「こんなことを思った」というような曖昧なことではなく、
具体的な行動についてです。
 
 
例えばダイエットしている人だったら、
「お腹がすいたけどお菓子を食べるのを我慢した」
 
とか
「誰々の仕事を手伝ってあげた」など何でもOK。
 
但し、大きなポイント
1回書いたことは2度使わない。
 
そうすると、
自分の良いところも書けなくなってきます。
 
何気なく言ったことや、
誰かに何かしてあげたときに
 
「なぜそれを自分はしてあげたのかな」
というふうにだんだん深く考えるようになっていくわけです。
 
「この行動は、相手のこういうところを思いやってのことなんだ」
というのが自分で分かるようになってきて、
それを褒めてあげると、どんどん自分が好きになってきます。
 
自分が好きになってくると、
よりいろんな人のことも好きになりやすくなるということ。
 
1カ月あれば変化が出てくるようです。
 

ハタを楽に(2020/02/17)

「働く」は、傍(ハタ)をラクにすること!?
 
傍、つまり、まわりのみんなを楽しくすることが、
仕事をする目標であり喜び?!
 
人はどうして笑うのか?
 
この世に自分ひとりしかいなかったら笑いは起こらない。
 
まわりで楽しいことが起きてみんなが笑っている時、
それを見て共有できて初めて自分も笑っているはず。
 
だから、自分が笑いたかったら、
まず人が笑う状況をつくればいい。
 
その延長線上に「ハタをラクにする」という思いがあるのかもしれません。
 
「ハタ」は家族や友人、
仕事仲間やスタッフはもちろん、僕たちがつくったものに関わる人すべて。
 
自分が笑いたかったら、まずハタの人たちが笑う状況をつくればいい。
 

脳を味方に(2020/02/14)

「銀座まるかん」の創業者、斎藤一人さん提唱。
 
【天国言葉】
 
天国言葉とは、
「ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せだな、ありがとう、ゆるします」。
 
「幸せだ、幸せだ」と言っていたら、脳は「幸せ」を探し出して連れてくる。
 
「不幸そう」にしていたら、脳は「不幸」を連れてくる。
 
誰にこの言葉を言うのか?
自分の脳に言うんだそうです。
 
「幸せだ、幸せだ」ってずっと言っていたら、
脳はしょうがないから、幸せな現象を連れてくるんだそう
 
不幸そうにしていたら、不幸を連れてくる。
 
これが、一人さん流の精神論。
 
私の携帯電話の待ち受け画面は、この「天国言葉」を表示しています。
 
効果はいかに?!

売り手市場(2020/02/10)

どこの業界も人手不足。
求人採用に苦労しています。
 
学生側の売り手市場が続いています。
大卒者を思うように採れない企業が今、熱い視線を注いでいるのが高卒者。
若さゆえの「素直さ」と潜在的な成長力に注目する企業が増えているそうです。
 
実は、高卒採用は大卒採用を超える売り手市場のようです。
 
厚生労働省などの調査によると、
20年春の高卒予定者に対する求人倍率は19年11月末時点で2.80倍。
過去10年に渡って上昇。
 
一方、大学生の20年春卒業予定の大学生の求人倍率は1.83倍。
 
高卒採用では企業の求人に対し、
生徒が学校からの推薦を受けて応募できるのは1社だけという
「1人1社制」と呼ばれる採用選考ルールがあるそうです。
 
大卒のように複数企業を併願して同時に選考に進むことはできない。
 
政府はルールの見直しに動いているという。
 
売り手市場の波が大学卒から高卒まで広がる中、
高校生と企業側、学校側の「三方よし」の新たな仕組みが始まっていくのでしょう。
 

デジタルシェルフ(2020/02/06)

アメリカや中国といったデジタル先進国では、
消費者にとって買い物は「面倒くさいもの」という扱いになってきているそうです。
 
実店舗に行くのは時間がもったいないから行きたくない。
ネットで予約できないような店には最初から行かない。
レジに並ぶのが面倒くさいから少しでも空いている店に行く。
商品が届くのを待ちたくないから、多少高くてもすぐに商品が届くECサイトを選ぶ。
 
こういった感覚が向こうでは当たり前になっているという。
 
日本でネットショッピングを利用する世帯が1割を超えたのは2005年のこと。
 
これまでスーパーやデパート、専門店で買い物をしていた人が、
ネットショッピングを利用するようになった。
 
ネット決済や電子マネーなど、
現金払い以外の決済方法で支払うようになった。
 
CDやDVDを買わず、レンタルショップにも行かず、
定額制の配信サービスを利用するようになった。
 
ネットオークションやフリーマーケットアプリで中古品を売買するようになった。
 
10年前とは明らかに買い物の仕方が変わっていますね。
 
私たちを待っているのが、「デジタルシェルフ」。
 
デジタルシェルフとは、
ショッピングサイトの商品一覧のように、
物理的な棚がデジタル上に置き換わっていくこと。
 
いわゆる「買い物」がなくなる。
 
それも遠い未来ではなく、近い未来のようです。
 

立春大吉(2020/02/04)

立春に縁起の良いお勧めは、
新しい財布の購入・使い始めることだそうです。
 
立春の日の太陽の光には、いつもの倍以上もパワーがあり、
そんな太陽の日差しに財布をかざすことで、
1年金運が上昇すると言われているそうです。 
 
春に買う「春財布」は、「お金をパンパンに張る」財布とも言われ、
縁起がいいとか。
 
おすすめのポイント 
新しい財布に変えた使い始めの時は、
できるだけ多くのお札のお金を入れておくこと。
 
財布は最初に入れてもらったお金の量を記憶して、
なくなると元に戻そうと意志が働くものらしいです。
 
 またお財布に限らず立春に合わせて新しいものを使い始めると、
良い運気を呼ぶことが出来るのでお薦めだそうです。
 

生きるとは(2020/01/31)

人間なんて、みんな弱くて、ずるくて、悪いもの?!
 
自分の弱さに勝つことが大切なのか?
 
少しでもよくなろうと努力をする。
 
生きるってことは、そういうことかもしれません。
 
なのに、案外みんな忘れている。
 
楽なほうへ、楽なほうへ行きたがる。
 
人の干渉を受けるのが嫌だからとか、
面倒な思いをするのは嫌だからと、
現実から逃げている。
 
実のところ、人間というのはもともとそんなもの。
 
上手くやっているように見える人でも、
裏を返せばみんな根はぐうたらで、
自分をコントロールしてなんとかやっていこうと努力している。
 
自分は大丈夫なんて思っていても、
ふとしたきっかけで自信を失ったりすると、
そういうぐうたらで投げやりな生活に陥る危険を、誰もがもっているもの。
 
どんな状況になっても、
自分は駄目だなんて決めつけてはいけない。
 
そう思う前に、もう一度チャレンジしてみることが
大切かもしれませんね。

使われる命(2020/01/30)

「使命」
使われる命…、
頼まれごとをただひたすらやって人生を終える生き方。
 
ミケランジェロ、ヴァンダイク、ルーベンス、モーツァルトなどなど、
宮廷画家、宮廷音楽家というすごい人たちは頼まれごとをやっていた。
 
世の中に長く残っているすごい仕事は、実は
みな、宮廷から頼まれたからやった仕事なのだそうです。
 
衝動でやったものは、自分のできる範囲でしかやらないことが多い。
衝動だけでは、長く世に残る仕事はできないようです。
 
ところが、
「この大きさのもの、こういうものをいついつまでに仕上げてくれ」
と言われると、人間は自分を超える力をどこからか借りてこなくてはならない。
自分の能力の限界を超えるものを頼まれて引き受けてしまう、
ここがポイント、重要のようです。
 
人から頼まれた仕事やボランティアなどは、
自分の思ってもみなかったことがやってきたりするもの。
 
当然、考えてもみなかった分野や、
自分としては得意でないと思い込んでいたことも頼まれる。
 
したがって、その頼まれごとをこなしていくと、
自分の人間の幅が広がるということになるわけですね。
 
人から頼まれるには「人徳」が必要。
人徳がある人を「人格者」という。
 
我々がこの世に生を受けた意味は、
人格を磨いて、少しでもましな人間になってあの世に旅立つことらしい。
 
人格を磨くというのは、経済的に成功するとか、社会的に地位や名誉を得るとかではなく、いかに自分の存在がたくさんの人から喜ばれるか、ということのようです。

マスクを爆買い(2020/01/29)

日本人を退避させるため、
帰国希望者約650人を乗せた
日本政府がチャーターした全日空機が29日の朝、
武漢市から羽田空港に到着したようです。
 
思ったより早い対応で良かったですね。
 
政府のチャーター機で帰国する在留邦人に対し、
片道分の正規のエコノミー料金を請求するようです。
1人当たりの負担は約8万円(税別)になる見通しとか。 
 
新型コロナウイルスによる肺炎の拡大。
こんな影響も
 
日本国内でもマスクの売り上げが急増。
 
中国人客による大量購入で品切れが発生し、販売制限に踏み切る店舗もでたとか。
 
メーカーは増産態勢、対応に追われているという。
 
生活用品大手のアイリスオーヤマのマスク出荷量は、
19日から25日までの1週間で前週の約3倍に。
 
他人事ではなくなるかもしれません。
 
除菌スプレーやハンドジェルなども用意が必要ですね。
サイト内検索

空室対策専門サイトはこちら空室対策専門のページです。

LINE見積もりALPHANの中古住宅買取リソウアルファシリーズ

施工事例 キッチンリフレッシュ 浴室リフレッシュ 洗面台リフレッシュ トイレリフレッシュ 壁紙・クロス張替え 床・CFの張替え 修繕・メンテナンス クリーニング

お問い合わせ
ALPHANへのお問い合わせはこちら

アクセス

ALPHAN(アルファン)有限会社
住所:埼玉県加須市久下2-43-13
TEL:0480-65-7111
FAX:0480-65-7112

対応エリア地図

当社は埼玉県を中心に、
群馬県・栃木県・茨城県にて
施工を行っております。

より詳しいご対応エリアにつきましては、こちらをご覧下さい。

近隣の加須 久喜 鴻巣は
早期に対応することが可能です。

当社社長の動画を配信中です

当社のフェイスブックページ
ALPHANのFBページでは
リフォーム事例の動画等を
ご覧になれます。

リフォームローンの取扱開始
増改築や外壁塗装、水周り、内装、 住宅設備等のリフォーム費用を
分割払いにすることが可能です!
詳しくは当社まで
お問い合わせ下さい!

ALPHAN houzzサイト

 アットホーム加盟店

株式会社住宅あんしん保証

ホームページ作成 東京
ホームページ製作・運営・管理

加須市 公式サイト

久喜市 公式サイト